らくだのライフハック

ATOKのテンキーのスタイルは「カーソル」がオススメ。カーソルやデリートやスペースキーが便利でたまらない。 #iPhone #文字入力


ATOKでは、テンキーのスタイルを選べることになっている。

もし、スマホで両手打ちするなら、「カーソル」スタイルがオススメ。

カーソルが両側にそれぞれあって、しかも、 ちょうど親指が来る位置になっている。

スマホの画面でタップしても、いつもピンポイントで希望の位置にカーソルが来るわけでもないし、一つだけ隣にずらすというのがタッチパネルでは、とてもめんどうだ。

カーソルキーはフル活用している。


ちなみにカーソルキーをフリックすると逆方向にも行ける。

左右にカーソルキーがあって、どちらからでも、カーソルを左右に動かせるわけだ。

これが実用的でありがたい。


どうもスマホは、小さいものに機能を詰めこんでるからしかたないんだけど、できるだけ無駄を省こうという姿勢で設計されてるので、かなり切り詰めた感じを受けがちだ。

どちらからでも、どちらへでも行けると言うユルい仕様は、なんとなくホッとしてしまう。


ちなみに、デリートキーもフリックできる。

上フリックすると、バックデリートになる。

ノートパソコンにはあるけれど、iPhoneの標準テンキーにはなかったものだ。

これが、嬉しい。


左フリックすると、まとめて削除できる。

これも超絶に便利。

いったん慣れてしまうと、タッチパネルネルをタップして選択してカットするなんて、まだるっこしくてやってられない。


そして、「空白」キーをタップすると半角スペース、「空白」キーを下フリックすると全角スペースになるのも実践的な機能だ。

この機能に関しては、ノートパソコンよりも便利だなあ、と感じる。


ノートパソコンでも、慣れてくるとマウスを使うよりは、ショートカットキーなどの機能をフル活用してキーボード上で操作してしまった方が速い。

ATOKは、スマホのタッチパネルネル上で、似たような操作感を体感させてくれるのだ。

ATOK -日本語入力キーボード 1.6.0
分類: ユーティリティ,仕事効率化
価格: ¥1,600 (JUSTSYSTEMS CORPORATION)


カテゴリー紹介 #iPhone #文字入力

iPhone 6iPhone 7 Plusを所有。

現在、iPhone 7 Plusを縦持ち両手持ちで執筆中。

はてなブログを始めてまだ一年目。

「超」文系のデジタル音痴。

iPhoneで快適に文章を作成しようと試行錯誤中。。。