限界ハウス、ダメ家事男子。:【炊飯器調理】牛と豚合い挽きのひき肉で作ったキーマカレー風で来年の夏を乗り切って、鉄や亜鉛のミネラルを補給しよう。


昨日の晩飯は炊飯器調理でひき肉のキーマカレー風。


これで3度目だ。

今回はニンニクの醤油漬けを粗いみじん切りにして、米とひき肉と一緒に炊いた。

前回は、冷蔵庫にある、ありとあらゆる調味料を入れたり、水の代わりにトマトジュースを入れたりと凝ったものだったけど、今回はシンプルにした。

それにしても、ニンニクの匂いは食欲をそそる……。

ちなみに、ひき肉は値引き品だ。

まあ、もともと安いけど。


できあがりは、匂い、いや香りと言った方がいいのか? ニンニクとカレーのダブルパンチで、食べる前からノックアウト気味だ。

当然、美味い。

美味いのは当たり前だけど、今回、驚いたのは、するすると食べられたことだ。

あれ、もう終わり? て感じだった。

肉の量はいつもより多めで、多すぎるかな? でも、値引き品になってるのはこのサイズしかないしな、とためらってから買ったのだった。

今年の夏は七月上旬に、いきなり蒸し暑くなって夏バテになった。

あの時に、この料理を知っていれば、乗り切れたのかもしれない、と思った。

カレーは、どんな食欲のないときにも食べられるし。


今年の七月は、まだ、今現在やっている炊飯器調理やワンパターンご飯が定着せず、試行錯誤を繰り返していた時期だった。

それに、料理に限らず、家事全般に無駄が多かった。

疲れて歯磨きをサボって虫歯になってしまったのも、この時期だったか。

歯医者代は高くついたよな……。


振り返ってみると、トラブルというのは連鎖反応式に複合要因で起きるものだ、と感じる。

あの時期、もっとシンプルに料理できて、コンパクトに家事ができてれば夏バテもせず、歯医者代もかからなかったのでは……。


まあ、過ぎたことをとやかく言ってもしょうがないので、「炊飯器調理 ひき肉のキーマカレーカレー風」は夏向けの料理として、脳内フォルダに保存しておこう。


あと、この料理についての効用をもう一つ。

食材は100グラム100円前後が購入の基準なのだが、牛肉はめったに射程距離に入らない。

最近、珍しくオーストラリア産のスネ肉を買ったぐらいだ。

ひき肉だったら、いつでもロックオンだ。

まあ、牛と豚との合い挽きだけど。

たまには牛肉を食べないと、鉄や亜鉛などミネラルも摂取できないようだし。


ともかく、来年の夏は、ひき肉のキーマカレー風で夏を乗り切ろう。


あとがき

三連休最終日。

明日から、また仕事かあ。

今週は厄介な案件があるんだよな……。


限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。