限界ハウス、ダメ家事男子。:「現金使えぬレストラン」と「ソウル 無人コンビニ出店」。クレジットカードの明日はどっちだ⁈


クレジットカードで買い物をするようにして、小銭から解放され、明細書を家計簿代わりにするようになった。


そんな生活を送るようになってから、目にとまったニュースが2つある。

1つは、朝日新聞で「現金使えぬレストラン」という見出しで掲載されていた。

レジを置かず、電子マネーかクレジットカードで決済する。

注文もタブレットから。

40席の店を3人で運営する。

この実験店が上手くいけば、チェーン店にも導入していくという。

  • 現金使えぬレストラン 電子決済で作業軽減 ロイヤルHDが実験へ:朝日新聞デジタル

  • もう一つ。

    こちらも朝日新聞

    韓国の話。

    「ソウル 無人コンビニ出店」の見出しだ。

    韓国は一歩先を行ってるようだ。

    これもクレジットカードのみの決済。

  • ソウル、無人コンビニ出店 文政権は雇用に力を入れるが…:朝日新聞デジタル

  • だんだん、小銭レス生活が普通になっていきそうだなあ。

    自分としては喜ばしい限り。


    クレジットカード生活に入る前は、金をいくら使ったかわからなくなりそうで怖かったけど、明細書を見れば一目瞭然だし、家計簿をつける必要もないので、むしろ管理しやすくなった。

    今ではクレジットカードを使わなかった買い物のほうが思い出しにくくなっている。


    ここで、日本の遅れている状況を一つ。

    珍しく外食をすることになり、久しぶりにハンバーグを食べたくなった。

    こんなめんどくさい料理は自分では作ろうとは思わないし。

    せっかくなので、ファミリーレストランではなく、老舗のステーキチェーン店に入った。

    同じチェーン店でも自分にとっては贅沢だ。


    久しぶりのハンバーグを堪能した後、レジでクレジットカードを差し出した。

    古いカードリーダーで読み込む。

    その間、およそ1分。

    何もせず、店の人と向かい合って待つ1分は無限に感じた。

    気、気まずい……。


    ようやく読み込みが終わったあとは、二人して息を吐いたっけ。

    ついでにサインもさせられた。

    老舗だ……。

    ハンバーグは美味かったけど、特別に美味いってほどでもなかったし、値段は高めだし、クレジットカードはめんどうだったし、もう、この店に来ることはないだろうなあ。


    最近はクレジットカードが使えない店は敬遠する、という逆転現象が起きている。

    肉屋のコロッケや、団子屋の大福を買い食いするのを見送ったりした。

    健康や節約から考えれば良いことなんだろうけど、あまりにも効率優先で味気ないような気もする。

    資本主義社会にからめとられていくような。

    かと言って便利と楽は捨てられない。

    この先、自分も、この世の中も、どっちへ向かっていくのだろう?


    限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。