限界ハウス、ダメ家事男子。:さよならマフラー


ジーンズをタンスの奥にしまいこんで、去年まではいていたスラックスを処分した。

これからは、イージーアンクルパンツ丈長め、ひもパンがメインになっていく。

楽なパンツへと見直ししたのだ。


ついでと言っては何だけど、去年まで使っていたストール・マフラー類が気になってきた。

と言うのは、去年の冬は、ほとんど巻物を使わなかったからだ。


去年の冬はアウターを見直した年だった。

コート類は、冠婚葬祭用にチェスターフィールドコートを残して、それ以外は処分してしまった。

あとは、ユニクロのウルトラライトダウンに変えてしまった。

もう、鎧のように重たいアウターは着たくない、と思ってしまったのだった。


その際、ウルトラライトダウンコートを買ったのだが、ほとんどこれを着ることになった。

ウルトラライトダウンコートは、ジッパーを一番上まで上げると、首回りがすっぽりと隠れる構造になっていて暖かかった。

なので、マフラー類は、ほとんど使わなかったのだ。


もともと、マフラー類は、たくさんあった。

シンプルな暮らしがしたい、服の数を減らしたい、と思っていて、着回しのいい服を残して、巻物で変化をつけよう、としたのだった。

黒、紺、グレー、茶色など、全体的に黒っぽい服を着ることが多かったので、差し色として明るいカラーのストールやマフラーを買っていた。


けれども、ウルトラライトダウンコートを着るようになってからは、マフラー類が必要なくなってしまった。

張り切ったデートでもなければ、差し色もワンポイントカラーも、どうでも良くなってしまったのだった。


とりあえず、今年はマフラー類を買うのは控えようと決意した。

また、今あるストール・マフラーの中で、丈がちょっと短かったな、いまいち肌触りが悪いな、と思っていたものを潔く処分した。

恐らく、今後、巻物を使う機会は少なくなる。

きちんとカジュアルが必要なシーン自体が少なくなるので、出番は無さそうな感じだ。


チェスターフィールドコート、ジャケット、マフラー類に休日用に買った革靴。

きちんとカジュアル用のアイテムは、ウルトラライトダウンやひもパンやクロックスのサンダルなどに取って代わられてしまった。

以前は休みの日でも、デートの時など、わざわざネクタイして出かけたりしたこともあったというのに。


ちょっと寂しい気がしないでもないけど、もう、軽くて楽な服しか着たくないのが本音だ。


限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。