限界ハウス、ダメ家事男子。:休日の朝のラーメン屋ライクなインスタントラーメンで安上がりに幸せな気分になる。


休みなのに、朝、早く目が覚めてしまった。

腹が減っているからだ。

最近の休みの朝は、いつもこのパターンだ。

一週間の疲れがたまっているからか。

休みの解放感によるものか。


戸棚の奥に、インスタントラーメンを、一袋、発見。

まだ、あったのか。

賞味期限は大丈夫だった。

ジャンク品はあまり食べないようにしてるけど、休みの日ぐらいはいいだろう。

それにしても、カップラーメンならともかく、インスタントラーメンなんて久しぶりだ。


鍋に水を入れて、ガスコンロにかける。

ガスコンロを使うのも久しぶりだ。

ダシ代わりに、最後に一個残っていた納豆を投入。

沸騰したら、インスタントラーメンと一袋の半分残っていたもやしをドサリと乗せた。

もやしは傷むのが早い。

残しておいても茶色くなるのが関の山。


久しぶりのインスタントラーメンは、なんでこんなに美味いんだろう。

普段、健康的な食生活を送ってる人間だけが味わえる特権だ。

安上がりだし。


麺を全部すすり終わってから、ようやく気がついた。

つい、最近、ラーメン屋で食べたときは替え玉が無料だったけど、インスタントラーメンには替え玉などないのであった。

スープだけ残ってしまった……。


冷蔵庫をあさると、冷凍ご飯が一つ残っていた。 電子レンジで解凍する。

このままスープに投入しても冷たそうだ。

鍋にご飯をあけてスープをかけて温めることにする。

ついでに乾燥ワカメと卵ととろけるチーズも投入した。


あつあつをはふはふ言いながら食べる。

冷たい水が飲みたくなったので、思いきって、どぶろくを飲む。

朝から飲んで良いんだろうか?

いや、いいのだ。

休みだし。

今日も明日も雨みたいだし。


半分ほど食べてから、ラー油を、残り四分の一になったら酢麹を投入して味に変化をつけた。

大満足で完食。

大仏顔だ。

  • ラーメン発見伝 コミック 全26巻完結セット (ビッグコミックス)

  • 限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。