限界ハウス、ダメ家事男子。:自分のワンパターンご飯のまとめ。米と酒が不可欠だった。


『もうレシピ本はいらない』は考えさせられる本だった。

考えたついでに、今の自炊生活を振り返ってみたい。

  • もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

  • 理想は、①美味くて、②簡単で、③安くて、④健康的な食事だ。

    一汁一菜に近いような気がするけど、味噌汁が好きじゃなくて作らないので、「一汁」がない。

    『もうレシピ本はいらない』のワンパターンご飯も味噌汁は不可欠のようだったけれど。


    平日の晩飯はーー。

    豆乳ヨーグルト&甘酒

    ・肉とお米を炊く炊飯器調理

    ・野菜の塩麹漬け・酢麹漬け

    ・サイドメニューで、生卵、納豆、大根おろし&紅葉おろし、セブン&アイお惣菜など

    ・自家製どぶろく

    こんな感じ。


    帰宅すると、真っ先に、豆乳ヨーグルトに甘酒をかけて食べる。

    ご飯が炊けるまでのつなぎのような感じ。

    この時点で、1杯目のどぶろくを飲む。


    お米を炊くときはオリーブオイルを入れてピラフ風に炊きあげるのが定番となった。


    肉を食べないときは、魚の缶詰で食べる。


    ご飯を炊くのを待ってられないときは、冷凍ご飯をチンして食べることもある。

    ちなみにお米は無洗米で、値引き品を買うことが多い。


    肉は値引き品を買っておいて、塩麹漬けすることが多かったけど、最近は冷凍保存することが多くなった。

    炊飯器調理だと、加熱しすぎないようになって、ちょうどいいようだ。


    野菜は、白菜やキュウリやナスを塩麹漬けで、キャベツやタマネギを酢麹漬けすることが多い。

    キャベツはたいめいけんレシピもどきのコールスローだ。


    キュウリが安いときはまとめ買いして味噌漬けにすることもある。

    一月ほど置いとくと、びっくりするほど美味くなる。


    生卵、納豆、大根おろし&紅葉おろしは定番のサイドメニューだ。

    セブン&アイお惣は値引き品になってると買う。

    紅しょうがや福神漬けは値引き品でなくても買うことがある。

    安いし。

    お総菜は添加物が少ないものを選ぶようにしている。


    自家製どぶろくは、土日に仕込んでおいて、平日に飲むパターンだ。


    食べるときは、米一合分を炊いて、三回に分けて食べることが多い。

    1回目は肉と漬物で。

    2回目はサイドメニューを追加して。

    3回目は湯漬けで食べることが多い。

    湯漬けで締めるのは、味噌汁代わりなのと、洗い物が楽になるからだ。

    この間に2杯目のどぶろくを飲む。


    休日の晩飯も似たようなもんだけど、ちょっとだけ手間のかかる料理をする。

    と言っても、せいぜい肉を焼くとかぐらいだけど。

    あと、野菜をレンチンしてマヨネーズで食べたりとか。


    糖質制限も気になるけど、毎日、米一合を食べている。

    あと、どぶろく

    晩酌だ。

    毎日、ワンパターンで飽きない食事に、米と酒は不可欠な気がする。

    この辺、『もうレシピ本はいらない』の作者、稲垣さんと共通するところだ。


    限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。