限界ハウス、ダメ家事男子。:冷たい雨の夜は、冷凍餃子を使った簡単美味の餃子スープで温まる。


金曜の夜は、雨がちの一週間にふさわしく、たっぷりと雨に降られた。

帰宅してから、チェーン周りのオイルケアとディスクブレーキ周りにチェーンクリーナーをスプレーして、大急ぎで熱いシャワーを浴びた。

ドライヤーで髪を乾かしてから、ようやく人心地がつく。


これから、ご飯を炊くのを待つ余裕はなかった。

冷凍ご飯をチンして、魚の缶詰をメインにして速攻食べることにする。

納豆、生卵、大根おろし&紅葉おろし、白菜の塩麹漬け、キャベツのコールスローなど、おなじみのサイドメニューもフル動員して、米1合分をかきこんでいく。

食べ終わった後で、もうちょっと何か食べたい、なんか温かいものを食べたい、と思った。

で、即席の餃子スープを作ることにした。


ストックしてあった冷凍餃子を5個取り出して小鍋にいれ、かぶるくらいに水を入れて火にかけた。

沸騰してからは吹きこぼれないよう弱火にして5分ほど。

ハシをさして、できているかどうかを確認し、ハシがすっと通るようなら、OK。

ハシをさして穴が開いている餃子の皮を破って、中の具を鍋いっぱいに広げるべくかき回す。

味つけはテキトー。

例によって、冷蔵庫常備の塩麹、酢麹、甘酒、ラー油を適量かけ回した。


簡単にできたけど、メチャ美味い。

1個を犠牲にして中の具をばらまいたので、ダシが効いている。

お湯に浮かんだ麹は優しいふわんとした味だ。

はふはふ言いながら食べていく。

ラー油がピリ辛で汗ばむくらい。

雨に濡れたことを忘れてしまう美味さだった。

これからは、冬の雨の日の定番メニューになりそうな予感。


限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。