限界ハウス、ダメ家事男子。:10分1,000円のカットハウスでは初心者の練習台にならないように。あまり時間帯をハズさない方がいいようだ。


この頃は1,000円の床屋へ行くようになってしまった。

正確には税込で1,080円。

クレジットカードは使えない。

小銭が出る店だ。


早いし、手軽だ。

待ち時間も少ない。

もともと、平日に休みが取れたときや、仕事帰りなど、客がいないときに寄るので、ほとんど待つことはないのだが。


予約を取って3,800円払ってた頃が、すっかり遠くなってしまった。

そういえば、もっと高い店にも通ってたこともあった。

男のエステみたいな感じの店だった。

そんなこともありましたね、て感じだ。


そんなこんなで、1,000円の床屋へ月一回ぐらい、ちょこちょこと通っても、以前よりは、だいぶコストダウンしている。

流行るわけだ。

子どもの頃の床屋と言えば、月曜火曜かならずいっせいに休む大名商売だったけれど、あっという間に競争の原理に飲み込まれてしまった。

当時の行きつけの床屋も、それでつぶれてしまったっけ。

  • 競争の原理

  • 安くて早くて気軽で、いいことづくめのファスト床屋だけど、一度、ひどい目にあったことがある。

    平日に休みが取れたとき、スーパーへ買い物に行ったら、同じ建物内にある1,000円カットハウスが空いていた。

    店員一人に客一人。

    間もなく終わりそうである。

    予定外だけど寄ってみた。


    しかし、なんだか妙に時間がかかる。

    10分をうたっていて、長引いても15分あれば終わるはずなのに終わらない。

    ようやく終わったら、お客はおばあちゃんだった。

    娘らしき人が迎えに来た。

    おばあちゃんは認知症の人っぽかった。

    今どきの風景だなあ。

    ゆっくりやってあげてたのかな? と思いつつ席に着いた。


    刈り上げない程度に短くして、あとはお任せで、とお願いした。

    ヘアースタイルについては聞かれても、よくわからない。

    普通の床屋に通ってた頃、眉毛をどうするか聞かれてうろたえたことがある。

    理想の眉毛って……。

    こち亀両さんみたいに、男らしく1本につながった眉毛にあこがれるけど、リアルな世界では難しそうだ。

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 1~最新巻(ジャンプコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

  • それはさておき、店員のハサミさばきは、なんだか、たどたどしい。

    おまけに、今どき昭和な感じの七三分けにしてきた。

    髪の毛をべったりと寝かせてくる。

    なんだか、鼻の下にちょび髭をつけたら、アドルフみたいである。

    特にこだわりはないとはいえ、あんまりな感じだ。

  • アドルフに告ぐ 漫画文庫 全5巻完結セット (ビジュアル版) (文春文庫) [マーケットプレイス コミックセット]

  • 文句言っても、どうしたらいいのか聞かれても困るし、さっさと退散した。

    とりあえず、七三分けを手櫛でぼさぼさにする。 すると、けっきょく、いつもと代わり映えしないようだった。

    やれやれ。


    限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。