自転車通勤編:雨の日は、使い捨てビニール手袋の上にグローブをはめれば、けっこう、しのげる。


雨がちな日々は続いている。

それでも、昨日、晴れてくれたので、洗濯物は一息ついた。


自転車通勤がらみのウェア類は、サイクルジャージやレーサーパンツは速乾性が高いので問題ないけど、シールスキンズのグローブやソックスはまだ乾いていない。

シールスキンズの防水力、そして中には防寒力も備えたモデルがあることはこれまでにも何度か書いた。

ほんとうに素晴らしくて、ブルベ時代は本当にありがたかったんだけど、自転車通勤で日常的に使う場合、乾くのが遅いので、連日の雨になると使い回しができなくなるのだった。

かと言って、濡れたグローブやソックスに、翌日、手足を突っこむのも嫌だ。

買い足そうかとも思ったけど、一週間も雨がちになると、いったいどれだけ買えばいいのやら、て感じになる。

ただでさえ、値段が高いのがネックなのだ。


対策として、以前、ボツになった方法を、もう一度、試してみることにした。

普段、掃除の時などには、ニトリストの使い捨てビニール手袋を使ってるけど、それをはめてから、普通の防水力のないグローブをつけるのだ。

グローブは水に濡れるけど、手は濡れないわけだ。

これはブルベ時代に他の参加者のレポートから覚えた方法だった。

けれども、汗っかきの自分は、汗で手がびしょびしょになってしまって、雨に濡れてるのと変わんない、とボツにしたのだった。

  • ショーワグローブ 【パウダーフリー】No.881 ニトリスト・フィット 100枚入 ブルー Sサイズ 1函

  • 久しぶりにやってみると、確かに手は汗をかいてしまっているのだが、以前ほどの不快感は感じなかった。

    ブルベは長時間だけど、自転車通勤の片道1時間くらいなら、ストレスを感じるまではいかないようだった。

    ふむ。


    グローブについては、最初は防寒力を求めて、次に防水力を求めて、あれこれ買いまくった。

    で、ようやくシールスキンズに落ちついたけれど、それまでにボツになったグローブが山ほどあるのだった。

    死ぬまで自転車に乗り続けても使い切れるかどうか……。

    今どきのグローブって、やたらと丈夫だし。


    こうしたグローブを活用する意味でも、雨の日に、使い捨てビニール手袋&普通のグローブの組合せで自転車通勤することは、これから増やしていこうと思う。

    今あるシールスキンズのグローブと平行して使っていこう。


    自転車通勤編プロフィール

    自転車通勤(片道15㎞)7年目。
    クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。
    クルマを処分したので街乗りが増えそう。
    ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
    「やまめ乗り」修業中。