限界ハウス、ダメ家事男子。:ユニクロのウルトラライトダウンが他のアウターを駆逐する。もう、重い上着は着たくない。


そろそろ、ユニクロのウルトラライトダウンに世話になる時期になった。


初めて、ウルトラライトダウンを着たときは、ちょっとしたカルチャーショックだった。

宣伝コピーのように、「驚くほど薄く、軽く、そして暖かい。」だった。

おまけにリーズナブルだし。


ダウンを着るようになってから、他のアウターは駆逐されていった。

ダウンを着たあとに着ると、鎧でも着てるみたいに重く感じてしまうのだ。

今じゃ、コートも、冠婚葬祭用のを除いて処分してしまった。

ウルトラライトダウンコートになってしまっている。


軽くて暖かいので、家の中でも着るようになってしまった。

半天は重いし、かさばりすぎた。


あと、同じユニクロのフリースも駆逐されてしまった。

花粉症には、つるつるした服の方が良い、と聞いたからだ。


ちなみに、冬の自転車通勤でも、ダウンを着ている。

自転車乗りでは珍しいと思う。

毎年、ウルトラライトダウンジャケットを更新しているのだが、去年、着ていたものを、今年の自転車通勤用にダウンシフトするサイクルができあがっている。

気楽に使えるところが良い。


よく、一生もののトレンチコート、などと言うけれど、本当に一生着れるかどうかは微妙である。

定番中の定番のトレンチコートでさえ、デザインの流行り廃りはある。

昔のトレンチコートをしている人を見たことがあるけれど、丈がずるずると長くて、肩パッドがが盛り上がり、まるで、マッドマックスか北斗の拳の人のようだった。

アウターは、ワンシーズンかそこらで更新して、インナーウェアやウォームウェアに金をかけた方がいいのではないだろうか?


さて、今年のウルトラライトダウンは、一番良く着るウルトラライトダウンジャケットはもちろん、ベストやジャケットタイプを買うつもりだ。


今まで、ベストは着たことがなかったけれど、春秋に羽織るのに良いかも、と思ったのだ。


ジャケットタイプは、初めて見たときに、なんじゃこりゃ、と思ったけれど、家の中で着るにはいいのかも、と考え直した。

去年、家の中では、シャツタイプのダウンを着ていたけれど、顔を洗うときや、歯磨きのときに、エリが邪魔になることが多かったのだ。

ジャケットタイプなら、具合が良いかもしれない。


ユニクロ推奨のように、ダウンをインナーに着るつもりはないけれど、そのうちそうなるかもしれないなあ。


ユニクロは11月に創業感謝祭、年末年始にセールをやる。

もうすぐ、更新の時期である。


限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。