限界ハウス、ダメ家事男子。:セブン&アイ「ごまカツレツ にんにくしょうゆダレ」は美味かった。調味料付き肉にも無添加はあったのだ。


スーパーで、肉コーナーを眺めていた。

たまたま、「ごまカツレツ」が値引き品になっていたので、手に取ってみた。

この手の調味料がついてるタイプの肉には関心がなかった。

焼くだけなのは楽でいいけど、添加物まみれと相場が決まっていたからだ。

これでも、一応、健康には気を遣っていて、添加物がなるべく入っていないものを食べるようにしているのだ。


けれども、たまたま手にした、ごまカツレツは、ほとんど添加物がなかった。

アミノ酸調味料」て、よくわからないのもあったけど、これだけなら、許容範囲内だろう。

値引き品でもあるし、買ってみることにした。

休日で、時間にも余裕があるし。


主に、炊飯器調理のものや、湯漬けを食べるようになってから、ガスコンロはお湯を沸かすしか使わなくなっていた。


フライパンを握るのも久しぶりだ。

オリーブオイルを取り出して、フライパンにしいたけど、こっちも久しぶりだった。


カツレツは薄めの肉で、簡単に焼けた。

いや、ちょっと焼きすぎたかな。

ガスコンロを使うと、焼きすぎ、煮すぎになりがちだ。

悪いクセは治ってない。

だから、炊飯器調理にシフトしたんだっけ。


とは言っても、食べられない、と言うほどではない。 丼に盛ったご飯の上に、カツレツを置いて、カツレツ丼としゃれこんだ。


味はついていたので、用意していたソースはいらなかった。

ソースを冷蔵庫から出すのも久しぶりだ。


薄くゴマ入り衣のついたカツレツは、とても美味かった。

揚げ物系は、しばらくぶりだったし。

油たっぷりの料理自体も久しぶりだ。


半分食べたところで、残りのご飯をフライパンに投入し、オリーブオイルや肉汁をたっぷり吸わせてから、また、どんぶりに戻して、むさぼり食った。

油こってりは美味いなあ。

男の手料理には、脂分が必要なのかもしれない。


スーパーの肉コーナーには、調味料付き肉が10種類くらいはあった。

そのうち、添加物がなかったのは2〜3種類くらい。

揚げ物系は、もう一つ、から揚げタイプのものがあったし、あとは、以前も食べたホルモン系があった。

そのうち、値引き品になったら買ってみよう。


簡単で美味い炊飯器調理もいいけれど、たまには、「焼き」や「油」もいいものだ。

休日は、フライパンを振ることにしてみようか。


限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。