自転車通勤編:スペックだけではわからない。フロントライトにVOLT1700よりもVOLT800をオススメする理由


赤テールライトについて書いたので、フロントライトについても書いておきたい。


フロントライトとして使っているものはキャッツアイ製品だ。

買ったのは、2年前。

ブルベに参戦していた頃に買った。

一つは「VOLT700」、もう一つは「VOLT1200」。

どちらも2年前は最上位機種だった。

ブルベに参加するんだから、これくらいは、と思い切って買ったのだった。

ブルベから撤退した今では、自転車通勤に使っているわけだ。

  • キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト [VOLT700] リチウムイオン充電式 ボルト700 HL-EL470RC
  • キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト [VOLT1200] リチウムイオン充電式 HL-EL1000RC

  • 現在、どちらもキャッツアイでは生産中止になっている。

    現時点で、Amazonでは、VOLT700が取り扱いなし、VOLT1200が残り1個となっていた。

    それぞれ後継機種が出ている。

    VOLT700にはVOLT800、VOLT1200にはVOLT1700だ。

    後継機種も、見かけと性格は、そのまま引き継いでるようで、VOLT700とVOLT1200とを比べたレポートも参考になるだろう。

  • キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト [VOLT800] リチウムイオン充電式 ボルト800 HL-EL471RC HL-EL471RC
  • キャットアイ(CAT EYE) HL-EL1020RC VOLT1700 ライト 充電式 5342640

  • 結論から言ってしまうと、自転車通勤の場合、VOLT700とVOLT1200では、圧倒的にVOLT700がオススメだ。


    VOLT700は丸いペン型ライト。

    VOLT1200は丸ペンライトを横に2個並べたような感じ。

    VOLT1200の方が明るそうだし、実際、キャッツアイのカタログだと、VOLT700が700ルーメン、VOLT1200が1200ルーメン。

    番号がそのままルーメンの数値になっている。

    これだと、倍近い開きがある。


    けれども、実際、使ってみて明るく感じるのは、VOLT700の方なのだ。

    VOLT1200は照らす範囲が横に細長い長方形になってしまって、前方の上と下が見づらいのである。

    それに比べて、VOLT700は、丸型ライトだけあって、まんべんなく照らしてくれる。

    キャッツアイのサイトには、各ライトで照らしたときの写真が掲載されてるのだが、実際に使ってみると、受ける印象は、かなり異なる。


    また、明るさの強さも、VOLT700の700ルーメンあれば、少なくとも、自転車通勤には充分なようだ。

    以前、3000ルーメンはあるオバケみたいなライトを使っていたことがあって、それはそれは明るかったけれど、VOLT700にダウンシフトしても、全くストレスは感じない。

    つくづく、ライトは実際に使ってみないとわからない。

  • (USE EXPOSURE LIGHTS)(自転車用ライト)Six Pack

  • VOLT700のランタイムは、カタログでは、点灯(ダイナミック)だと、約2時間となっている。

    実際、往復2時間の自転車通勤だと帰りの到着間際になるとバッテリーインジケーターが赤くなる。

    途中で切れたことはない。

    ランタイム2時間は間違いのないところ。

    毎日、帰宅したら充電して、翌朝、また使う、というサイクルだ。


    また、小型で軽いというのも、日常的に使うなら大事な要素だ。

    VOLT1200をもつたびに、重いなあ、と感じてしまう。


    今は、VOLT700をメインにして、VOLT1200を予備として使っている。

    VOLT1200は、実際に使うことはなく、一週間、自転車に付けっぱなしで、時々、土日に、念のため充電している。


    VOLT700の後継機種VOLT800も、スペックを見る限りは、明るさが800ルーメンになったぐらいで、ランタイムも2時間と、ほぼ同じ性格のようだ。

    これから買うとしたら、VOLT800の方をオススメしたい。


    自転車通勤編プロフィール

    自転車通勤(片道15㎞)7年目。
    クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。
    クルマを処分したので街乗りが増えそう。
    ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
    「やまめ乗り」修業中。