自転車通勤編:他のライダーを観察しよう。【ファッション編】


自転車通勤中、他のライダーを観察する楽しみに、ファッションを見ることがある。

自分の場合、サイクルジャージにレーサーパンツという教科書通りのかっこうなので、余計にそう思う。


言い訳すると、なんだかんだ言って、これが一番楽で効率がいいのだ。

やっぱり、その目的に作られた物は、便利にできている。

それはさておき、自分がそんなかっこなので、感心するのは、チャリカジ、カジュアルを上手く取り入れてる人が多い。

特に、メッセンジャー系。

ピストに乗ってるので、すぐにわかる。

ノーヘル、ギヤなしで、前下がりのドロップハンドル、ビィンディングじゃなくてストラップで足を固定。

典型的なピストだ。

ファッションも、レーサーパンツではない7分丈パンツに、もう寒いというのに、くるぶしを見せてはいている。

カジュアルなサイクルジャージを着てると、同じ物が欲しくなる。

イヤホン率が高いのは、いかがなものかと思うけど。


まあ、自分も、もう少し寒くなると、モンベルのレインウェアを防寒着代わりに着たり、ユニクロのダウンを着こんだりするので、あまり人のことは言えないかもしれない。


人のことは言えない、と言いつつ言ってしまうのだが、キメキメのファッションなのに、自転車はぼろいママチャリで、チェーンはサビだらけってのもいる。


この手のも、なぜか、みな似たようなファッションだ。

男の場合は、ブランドもののスーツに革靴。

100%の割合で、明るいブラウンで先のとがった靴だ。

女子の場合は、バリエーションは豊富だけど、顔の半分をおおうようなデカいサングラス率が異様に高い。

どちらも、かったるそうに、きこきこ乗っている。

先のとがった靴は、カーブの時に、前輪に当たらないんだろうか?

すごいがに股で乗ってるけど、そうしないと危ないんだろうなあ。

青山あたりでも余裕で歩けそうなファッションだけど、自転車にまでカネを注ぎこむつもりはないらしい。


こないだ、自転車も含めて、全身、グリーンで統一感のあるコーディネートの自転車ガールを見かけたときは「おおっ」と感心した。

マウンテンバイクにサイドスタンドをつけて乗ってたのも、日常的なアシとして使ってるようで好感度大であった。

まあ、自転車ガール自体、めったに見かけないんだが……。


自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)7年目。
クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。
クルマを処分したので街乗りが増えそう。
ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
「やまめ乗り」修業中。