限界ハウス、ダメ家事男子。:おひとりさま男子の自炊には、油とマヨネーズは必要悪だという現実の話。


久しぶりに、キャベツのコールスローを作った。

おおざっぱに言うと、塩と油と酢の漬物だ。

一応、たいめいけんのレシピを参考にしている。

たいめいけんは、日本で最も有名な洋食屋で、今でも、コールスローとキャベツの小皿を50円で出している。

太っ腹だ。

さらに、コールスローのレシピを公開している。

太っ腹にもほどがある。


自分の場合、たいめいけんのレシピを参考にした、と言いながら、かなり自己流にアレンジしてある。

いつものパターンで、冷蔵庫に常備してある甘酒、塩麹、酢麹、どぶろくを使う。

サラダ油がないので、オリーブオイルで代用するし。


これが、また、美味かった。

自分で作った「手前味噌」効果だけではなかった。

なんで、こんなに美味く感じるんだろう、と考えていたら、思い当たることがあった。


湯漬けや炊飯器調理が中心の食生活になってから、すっかり、油にご無沙汰していたのだ。

ヘルシーでいいや、と思っていたものの、なんとなく物足りなさを感じていたのだった。

セブン&アイのお惣菜シリーズを買うようになったのも、そのあたりが原因だったようだ。

美味いと思ったのは、ごぼうサラダ、ポテトサラダ、かぼちゃのサラダなどマヨネーズ系ばかりだったし。

おひとりさま男子の食生活には、油とマヨネーズが必要不可欠のようだ。

今さらながら、思い知った。

そういえば、「OL進化論」というマンガで、男に作る料理なんて、しょうゆまたはソースか、あとはマヨネーズをたっぷりいれて味つけしておけばいいのだ、てなセリフがあったけど、まったく、その通りだった。

  • [まとめ買い] OL進化論(モーニングコミックス)

  • まあ、自転車も油をささないと錆びるし、身体にも、ほどほどに油をさすことにしよう。


    限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。