らくだのライフハック

自転車通勤編:鉄橋をくぐる。マウンテンバイクはコースアウトが楽しい。

鉄橋をくぐる

川沿いの遊歩道&サイクリングロードを走っていると、鉄橋にぶつかる。

これまでは迂回して踏切を渡っていた。

鉄橋の下には、けもの道があって、歩いてくぐれるようになっている。

せっかくの マウンテンバイクなので、けもの道へチャレンジしてみた。


アウトドア気分

いきなりの急斜面でビビったけど、マウンテンバイクなら余裕だった。

ぶっといタイヤが頼もしい。

鉄橋の真下は、上体をフレームに伏せる格好でクリア。

土手登りの要領で駆け上がった。

た、楽しい……。

自転車以外は引きこもり気味のインドア人間なんで、こんなことでもアウトドアな気分に浸れてしまう。

これから、マウンテンバイクの時は、いつもくぐろう。

雨だと無理だけど。


どこでも走れる

当たり前のことだけど、オフロードが走れると言うことは、どこでも走れると言うことだ。

舗装された路面から、ちょっとハズレてダートを走る。

これが意外に楽しい。

例えば、川沿いの遊歩道&サイクリングロードを走っているとき、歩行者がいるときは、声をかけて脇を通り過ぎていたけれど、路面から降りてダートを迂回することができる。

気を使わなくていいので、ストレスも減りそうだ。


同じケースで、歩行者が二人並んで道をふさいでしまっていることも多い。

声をかけると両脇に寄ってくれるけど、道のセンターには、中央分離帯みたいな草むらがあったりする。

マウンテンバイクなら、ざばざばと踏み行っていける。

これも、地味に楽しい。


コースアウトでエアポケットへ

非アウトドア人間には、ちょっとだけコースをハズレて、軽く自然に触れるくらいで、ちょうどいい。

そもそも、自転車に乗ってなければ、アウトドア以前の問題だったろう。

これからは、ちょくちょくコースアウトして、ささやかな解放感に浸ろうと思う。


あとがき

もしかしたら、鉄橋の下は、ロードバイクでもくぐれるかもしれない。

マウンテンバイクで通れた所に、ロードバイクでもチャレンジしてみるのも、おもしろそうだ。

ロードバイクでオフロードを走るのは、修業中のやまめ乗りでも推奨してるし。

  • 自転車の教科書
  • 自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)

  • 自転車通勤編プロフィール

    自転車通勤(片道15㎞)数年目。
    クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
    ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
    「やまめ乗り」修業中。