らくだのライフハック

自転車通勤編:マウンテンバイクの意外なメリット スピードは出ない方がいい⁈

マウンテンバイクが復活してから一週間。

毎日、マウンテンバイクで通勤してしまった。

ロードバイクとマウンテンバイクを交互に使っていくつもりだったんだけど、ちょっと浮かれてしまったようだ。

まあ二年ぶりくらいなんで無理もない。

楽しい一週間だった。


ロードバイクよりは遅い

当たり前のことだけど、マウンテンバイクは、ロードバイクよりは遅い。

シングルスピードなので、なおさらだ。

最初は、じれったさを感じないでもなかった。

けれども、一週間乗ってみた今では、むしろ、スピードが出ないから、いいんじゃないか、と思い始めている。


ヒヤリハットとロック

どんなに安全運転をしても、一年中、自転車通勤をしていれば、何度かヒヤリハットには出くわす。

慌てて急ブレーキをかけることも。

後輪をロックさせてしまうこともあった。

ロードバイクの細いタイヤは簡単にロックしてしまうし。


ブレーキ面での心配

けれども、マウンテンバイクでは、ロードバイクに比べればだけど、ブレーキ面での心配はあまり感じない。

もともと、たいしたスピードで走ってないから、安心してブレーキできるのだ。

太いタイヤと、ディスクブレーキも後押ししてるかもしれない。


事故にあってから

一度、クルマにはねられてみると、嫌でも、安全について考えざるをえない。

この頃は、一生、自転車に乗りたい、と強く思うようにもなってきたし。

もう、ブルベからは撤退した。

速く走らなきゃいけない理由もないし、ムキになって張り合うようなトシでもなくなった。

いつでも、フルブレーキで止まれるマウンテンバイク、なかなかいいんじゃない? と思い始めているのだった。


そのスピードで止まれる?

こうしてみると、ロードバイクに乗っていた頃は、かなりのスピードで走っていた。

もちろん、ロードバイクとしては遅い部類に入るんだけど、果たして、いつでもフルブレーキで止まれたか? と考えると、心もとない。

自分よりも速くすっ飛んでいくライダーもいたけれど、あの人たちは、いざいうとき、きっちり止まれるんだろうか?

無理そうな気がする。

努力次第で、いくらでもスピードは出るけど、ブレーキングには限界がある。

日々、ブレーキングテクニックをみがいてる人もいない。


スピードを控えめにしてブレーキ練習を

とりあえず、ロードバイクで通勤するときは、スピードは控えめにしよう。

あと、ブレーキの練習を通勤コースに組み込むことにしよう。

修業中のやまめ乗りでは、地面に置いたボトルに向かって走り、直前で、ピタリと止まる練習を奨励していた。

似たような練習を自転車通勤の中でやっていこうと考えている。

  • 自転車の教科書
  • 自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)

  • 自転車通勤編プロフィール

    自転車通勤(片道15㎞)数年目。
    クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
    ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
    「やまめ乗り」修業中。