自転車通勤編:パンクしない空気タイヤは存在しない。タイヤは側面に注意しよう!

マウンテンバイクの後輪

ロードバイクにノーパンクタイヤをつけてくれた自転車屋へ。

この日は別件。

マウンテンバイクの後輪のパンク修理を頼んでいたのだ。

チューブレスタイヤなので、自分では修理できない。

世話になっていた自転車屋の店長は、しばらく体調を崩して休んでいるので、ほったらかしになっていた。

さすがに、いいかげん乗らなきゃな、とこちらの店に修理をお願いしたのだった。


電車で引き取り

ホイールを持ち込んだときは、パンクしてしまったチューブをつなぎ合わせて、ホイールを背中にたすきがけでしょってロードバイクで運んだ。

この日は台風接近中の日だったので、電車で取りに行った。

帰りは、70リットルのゴミ袋に入れて電車に持ち込んだ。


マウンテンバイクはパンクしない?

マウンテンバイクはパンクしにくい、という思い込みがあった。 以前、自転車にハマるずっと前、ホームセンターで買ったマウンテンバイクもどきに乗っていたけど、一度もパンクしなかったのだ。

底にはデカいイボまでついてる。

パンクしそうには見えなかった。


タイヤの側面

でも、空気タイヤである限り、パンクはまぬがれないのだった。

今回は、タイヤの側面に引っ掻いたような傷があった。

何かでこすってしまったらしい。

タイヤって底は頑丈にできてるけど、側面はもろいようだ。


アルマジロもサイドは弱い

以前、ロードバイクでノーパンクタイヤにする前、「アルマジロ」という空気タイヤを使っていた。

確か、自転車で世界一周してる一つが使ってたタイヤだった。

ゴツくて、重さが500グラム近くあった。

実際、2〜3年、パンクせずにいた。 けれども、バイクをかなり傾けて曲がったとき、小石か何かをごりっとこすった音がして、あっけなくパンクした。

やはり、サイドには傷がついていた。

かなりショックだったことを覚えている。

無敗で連勝街道突っ走っていたのに負けてしまったような。


ずかずか走りもやめよう

いずれにしろ、パンクしない空気タイヤは存在しない、と肝に銘じておこう。

あと、ぶっといタイヤに安心して、茂みにずかずか突っ込んだりするのもやめよう。

折れた木の枝でダメになるかもしれない。

タイヤは側面に注意! だ。


自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)数年目。
クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
「やまめ乗り」修業中。