やまめ乗り 2年生:29インチマウンテンバイクを久しぶりに乗ってみて

29インチマウンテンバイク

自転車通勤で29インチのマウンテンバイクを使い始めた。

訳あって、約2年ほど休眠状態になっていたものだ。

長かったなあ……。


でかフレーム

久しぶりに乗ってみると、やっぱり、フレームのデカさには改めて驚かされる。

ロードバイクには135ミリのステムを付けて、やまめ乗り仕様にしてるけど、フレーム自体が大きいと、かなり勝手が違う。


またがっただけで、違和感がハンパない。

これが、29インチなんだなあ、と。


前輪の感触

乗り始めると、まず、前輪が、地面を巻きこむような感触が。

ロードバイク用ノーパンクタイヤを始めたときに感じたのと同じもの。


2年前には感じなかったものだ。

いくらか進歩したのかな?


オフロードを走って

ところが、芝生ライクな草むら、オフロードを走ってみると、とたんに遅くなった。

この芝生ライクな草むらは、ロードバイクの時も走っているコースだ。

あえて、ロードバイクで、オフロードを走るのは、やまめ流。

前後の荷重バランスが取れてないと、いきなり失速する。

マウンテンバイクでオフロードを走ってスピードが、ガタ落ちになるのも、かっこがつかんよな。

とりあえず、おじぎを浅くしたら、加速した。

しばらくは、試行錯誤が必要だ。


土手登り

続いて、土手登りに突入。

マウンテンバイクだからなのか、意外にはするする登っていく。

2年前は、土手登りは、やってなかったな。

けれども、最後のひと漕ぎでつかえそうになって、立ち上がってしまった。

立ちこぎで体重をペダルに乗せて、何とか乗り切る。

これも、「要」試行錯誤だ。


クランクについて

朝は、ぎくしゃくしてたけど、帰りは慣れたせいか、一気に楽になった。

ペダルも楽に回る。

クランクの短さも意識できるようになった。

ロードバイクは、やまめ乗り仕様で、180ミリの長いクランクを付けているのだ。

今まで、クランクの長さについて、感じ取れたことはなかった。

ロードバイクとマウンテンバイクを交互に乗ることによって、もっと深く感じとれるようになるかもしれない。


階段登り

明日は暑いよいよ、階段登りに挑戦しようか。

通勤コース中に、良さげな階段がないか、チェックし続けてきたのだ。

するすると階段が登れるようになったら、やまめ乗りも黒帯だ。

さすがにこれは、ロードバイクで試すわけにもいかなくて、ずっとマウンテンバイクの出番を待っていたのだ。

まあ、やまめ乗りうんぬんを差し引いても、マウンテンバイクは楽しいし、そもそも、自転車は楽しい。

明日からの自転車通勤が2倍楽しめそうだ。


自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)数年目。
クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
クルマを処分したので街乗りが増えそう。
ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
「やまめ乗り」修業中。