らくだのライフハック

自転車通勤編:虹を見たかい。秋は霧とトンボに注意!

朝も虹、帰りも虹

今週の火曜日だったか、朝も帰りも虹を見かけた。

ここ、2〜3年、自転車通勤中にはちょくちょく虹を見ることが増えてきた。

それでも、一日に2回見るのは珍しい。

ゲリラ豪雨と虹の関係

虹を見かけるようになったのは、ゲリラ豪雨が増え始めた時期と一致する。

言わば、異常気象の産物だ。
地球温暖化のせいなのか、エルニーニョ現象とやらのせいなのかは定かじゃないけど。

ゲリラ豪雨と虹と濡れネズミと

今年は少なかったけど、例年、夏の夕方になると、ゲリラ豪雨は増えていく。

天気予報はおかまいなしに、突然、降り出しては、突然やむ。
日が差してるのに、強い雨になることも珍しくない。
こんな時は、よく、虹が出る。

普通は円の四分の一みたいなのが多いけど、たまには半円タイプを見れたり、二重の虹だったり、空へ一直線に伸びていくようなのもある。
こうして書いてると、けっこうたくさん見てんな、と思う。

こちらは備える間もなく濡れネズミになってしまう。
せめて、虹でも見せてもらわないと、やってられない。

天気と季節と異常気象

自転車通勤をやっていると、天気や季節には、どうしても敏感になる。

天気予報も見るようになる。
あたらないことも、わかるようになる。
あたらないことが、年々、ヒドくなる、ということもわかってくる。
科学やコンピュータは進歩してるはずなのに、異常気象度が、それを上回っているんだろうか?

虹と霧と

まだ、虹を見てる分には、平和なのかもしれない。

そう言えば、今年は、まだ霧が出ていない。
去年まで走っていた川のサイクリングロードでは、1年に1〜2度は霧が出ていた。
割と広い道幅だったし、高い土手上だったので、それほど苦労した記憶はないけど、今度の川沿いは、道幅は狭いし、低い位置にある。
ガードレールがあるわけでなし、うっかりすると、川に突っこんでしまいそうだ。

あまり霧の出ない川だといいんだけど。

秋の夕暮れとトンボ

最近は、秋も深まってきて、帰りはいきなり暗くなることが増えてきた。

夏は早帰りの時に、ちょうど夕暮れの時間帯になって、オレンジ色の風景の中を走るのが好きだったけど、それも終わりだ。

去年まで走ってた川沿いは、やたらとたくさんのトンボが飛んでいて、一度、口の中に入ってしまったことがあったっけ。
トンボの羽根のざらざらした舌触りはなかなかの珍味だった。
すかさず吐き出したけど、その後は無事に飛んでったのだろうか。

もう、夏は終わりだ。

自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)数年目。
クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
クルマを処分したので街乗りが増えそう。
ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
「やまめ乗り」修業中。