限界ハウス、ダメ家事男子。:コーヒー断ち、その後

コーヒー断ち一週間

一週間ほど、コーヒー断ちをしてみた。
禁断症状は出なかった。
夜、よく眠れるようになったわけでもなかった。

あまり、カフェインには、影響を受けないタチらしい。

小麦粉製品をひかえるグルテンフリーを試したときは、なんとなく調子よくなったような気がしたもんだけど、コーヒーに関しては、そういう感触は一切なかった。

いれる手間は意外と大きい

ただ、平日にコーヒーを飲まないことは、とても楽だった。
気づかなかったけど、コーヒーをいれる手間というものは思ってたより大きなものらしい。

以前、お年寄りがペットボトルのお茶を飲んでるのを見て、ヒマなんだから自分でいれればいいのに、などと思っていたけど、とんでもない間違いだった。
自分じゃいれもしないくせに。
若かったと言うよりは、バカだったのだ。

休日の久しぶりのコーヒー

休日なので、久しぶりにコーヒーを飲んでみた。
やっぱり美味い。
食後に飲むと、一区切りついた感がある。

まだ、残ってるコーヒーもあるし、こうして休日に飲んだり、外出先で飲んだりするのはいいかもしれない。

コーヒーと利尿作用

久しぶりにコーヒーを飲んでみたら、やたらとトイレ(小)が多くなった。

今まで気づかなかったけれど、「コーヒー 利尿作用」で検索してみると、たくさん検索結果が出てきた。

がばがば飲んでたときは意識したことなかったなあ。
ビールもよく飲んでたし、ビールのせいだと思ってた利尿作用には、コーヒーの分も含まれていたのかもしれない。

コーヒーと老廃物とか

ビールに続いて、コーヒーも常飲しなくなくなったら、健康的にどうなんだろう、と気にはなる。

老廃物とか、身体にたまらないんだろうか?
まあ、このあたりの役割は発酵食品に期待しよう。

ほどほどな結論

とりあえずは、積極的にコーヒー断ちする理由も、飲み再開する理由も見つからない。

平日は楽したいから飲まないでおいて、休日に飲んだり、外出先で気分転換に飲んだり、人といるときに付き合いで飲むあたりに落ち着きそうだ。

コーヒーブレイクの代わり

もう一つ気になるのは、コーヒーブレイクという言葉通り、コーヒーを飲むことが気分転換になっていたのをどうするか、ということだ。
タバコも吸わないので、「ちょっと、一息」つきたいときの、きっかけがなくなってしまう。

日本茶・紅茶もダメだしなあ。

冷蔵庫から、果汁100%ジュースを取り出して、直接、パックから直飲みするのは、楽だけど、「ブレイク」とまではいかないしね。

買ったばかりのペーパーレス・ドリッパーもムダになってしまった。
こんな急展開になるとは思わなかったな。

限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。