自転車通勤編:交差点での左折対向車に注意しよう!

対向車から見えない

交通量の多い県道を走るようになって、気を使うようになったのは、いかに上手に抜かれるかだけど、もう一つ、気をつけているのは、対向車の動きだ。

キープレフトで走っていると、対向車からは、どうしても、見にくくなってしまうようだ。
軽自動車ならともかく、ワゴンより大きいクルマになると、もう、いけないようである。

最悪のパターンは、

交差点を直進するとき、右へ曲がろうとした対向車が突っ込んでくることだ。
対向車からは、クルマの陰になって、こちらのことは、見えないのである。

例えば、トレーラーの後ろを軽自動車で走っていて、対向車から見えないのではないかと心配してるなら、車間距離を取ればすむことだ。

でも、自転車の場合は、後続車に舌打ちされるだけである。
交通量の多い道路だと、あまり意味はないようだ。

車間距離と黄信号

特に、いい方法も思いつかないので、せめて、後続車が来てない場合は、車間距離をあけるようにしている。

あと、交差点の信号が黄色になってたり、歩行者信号が点滅してたら無理に直進しないようにしてる。

左へ曲がろうとする後続車に追突されないか、という不安は残るんだけど……。

もっと最悪なのは、

前を走ってるのが、トレーラーで、前方が全く見えない、信号も見えないって時だ。

一度、このケースに出くわしたことがある。

後続車も来てたので、スピードを落とすと追突されそうだった。
後続車から見ると、なんで、この場面でスピードを落とすのか、自転車乗りでもないと理解できないに違いない。

しかたなく、前を走るトレーラーに、いつもより接近して、交差点を走り抜けた。

これだと、左へ曲がろうとする対向車が来ても、はねられることはない。
トレーラーがブレーキをかけても、いつでも急ブレーキをかけられるよう、心の準備は必要だけど。

でも、トレーラーの運転手からしたら、左後ろを自転車でちょろちょろ走られるとストレスたまるよなあ……。

クルマから見たら

何か、いい方法はないかと検索してみたけれど、特に、決定打になるようなのは見当たらなかった。

ただ、クルマから見た場合の、交差点での直進自転車はクルマの陰になって見えないから注意しよう、といった記事も、ちらほら見かけた。
自動車サイドでも、おっかないよなあ。

以前、クルマにはねられたとき、相手が言っていたことだけど、自転車はどうしてもママチャリのイメージが強いので、ロードバイクのスピードは予想外になってしまうようだ。

まあ、しばらくは、周りに注意しながら走るしかないか……。

自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)数年目。
クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
クルマを処分したので街乗りが増えそう。
ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
「やまめ乗り」修業中。