限界ハウス、ダメ家事男子。:クルマのない生活 そろそろ一年

カーシェアリングは増えていた

近所にあるカーシェアリングは、2台常駐だったけれど、3台に増えていた。
使う人が増えたのかもしれない。
クルマを処分してから、そろそろ一年がたつ。
その後、カーシェアリングにして、2カ月でやめてしまった。

特に生活には困ってない。

自転車のホイールの修理が必要になったとき、背中にくくりつけて、もう一台の自転車で持ち運びしたけど、その時くらいだ。

むしろ、ガレージが自転車専用になって、メンテナンスが楽になった。

経済面は楽になったはずだけど、もともと、口座引き落としだったので、あんまり実感はない。

クルマのない生活について、あらためて考えてみる。
一番、困りそうなのは、荷物の運搬だ。

でかリュックの活躍

大活躍してるのは、ザ・ノース・フェイスのでかリュックだ。
30リットル入る。

もともとは自転車通勤用に買ったものだ。
防水機能がハンパじゃないし、頑丈で型崩れしないし、ジッパーが壊れなかった。

今では、自転車通勤だけでなく、週末の買い出し(主に食料品)にも使っている。
米10㎏でも問題ない頑丈さだった。
もっとも、運ぶ人間の方が大変だったので、米を買うときは5㎏までにしてるけど。 (^^)

今のところ機会はないけど、自転車で重いものを運ぶときも、もちろん使える。

[ザ・ノース・フェイス] リュック BC FUSE BOX NM81630 K ブラック
摩擦強度と耐水性に優れるTPEファブリックラミネートのポリエステル地を使用したパックです。ボックス型の形状で、大きく開く開口部。15インチまで収納できるパッド付きスリーブなど、荷物を整理しやすく、内部...

やり過ぎ通販

通販は、やり過ぎじゃないの? と思うくらいに進歩している。
土曜日の朝、注文して、日曜の夕方に届いたときは、さすがに驚いた。

一時期、タイミングが悪くて、上手く受け取れないことがあったけど、近所のコンビニ受取もできるとわかってからは使い分けるようになった。

重たいものは、だいたい通販で買うようになった。
そのうち、食料品以外は、ほとんど通販で買うようになるかもしれない。
年をとったら、食料品も通販で買うようになるかも。

注目のコミュニティバス

いま、注目してるのはコミュニティバスだ。
最近はお年寄りが増えたので、どこの市町村でも走らせているようだ。
お年寄りが使うイメージだけど、意外と若い人も抵抗なく使ってるようだ。
デフレ世代は堅実だ。

電車だと不便、自転車ではちょっとマズいというシチュエーションがあって、この存在に気づいた。
本数が少ないのと、時間がかかるのが弱点だけど、100円でへんぴなところまで運んでくれる。

タクシーのバイアス

クルマを処分したら、割り切って、タクシーをバンバン使おうと思ってたけど、全く使ってない。
使う機会がないのもそうだけど、心理的に抵抗がある。
どうしても、贅沢してるような気がしてしまうのだ。

クルマを所有するのに比べたら、安上がりだと理屈ではわかってるんだけど。
24時間やってるタクシー会社が家の近くにあるし、位置情報から、すぐにタクシーを呼べるアプリもあるらしいし、もっと活用してもいいはずなんだけど。

運搬用自転車もあり

この頃は、お年寄りが増えて、運搬用に特化した自転車もぽつぽつ出てるようだ。
三輪タイプも軽くなって乗りやすくなったし、電動タイプだってある。
車体も低くて、またぎやすい。

いつかは乗りたくなりそうだ。
今からアンテナを張っておこう。

こないだ、スーパーの駐輪場で、質素だけど小綺麗な感じのおばあちゃんが、リュックにミニベロ(小さいタイプの自転車)で、さっそうと買い物してたのを目撃した。
こうなりたいもんだ、と思った。

限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。