自転車通勤編:緑の猛威に注意せよ!

再びの猛暑

雨がちなお盆ウィークが終わって、もう、夏もそろそろ終わりかな、このまま、秋までいくのかな? と思っていたら、今週になって、いきなり蒸し暑くなった。
遅れてきた梅雨みたいだ。

正直、夏バテ気味だ。

今年の夏は、何てこう、気温の温度変化が激しいんだろう。

おじぎして通り過ぎる

もっとも、元気のないのは人間だけで、植物は、川沿いの遊歩道&サイクリングロード脇の雑草は、とんでもないことになってる。

もちろん、対抗者とはすれ違えない。
相手が歩行者の場合、草むらによけてくれるので、何とかすれ違えてる。
ほんとに、ありがたい。

お言葉に甘えて、おじぎして通り過ぎる。
相手も会釈してくれる。

草むらに入る

相手が自転車の場合はそうもいかない。
お互い、ある程度、草むらに入りながら、避けることになる。

嫌だけれど、しかたない。
現在、自転車通勤時には、長袖アンダーウェアに半そでのサイクルジャージ、ロングのレーサーパンツ、というかっこうなので、笹で腕を切る心配もない。

草を噛む

ただ、草むらに入るときには注意が必要だ。
一度、ヒヤリとさせられたことがある。

ブレーキレバーとブラケットの間の隙間に草を噛んでしまったことがあるのだ。
引っ張られてバランスを崩して慌てた記憶がある。
※ 写真は当時の状況を再現した物です。

雨に濡れたススキ

あと、雨に濡れたススキに顔をなでられたことがある。
アイウェアは水滴だらけで、前がよく見えてなかったのだ。

とても不気味な感触だった。

除草の気配

しばらく、除草される気配はなさそうだ。
川沿いの遊歩道&サイクリングロードでは、除草されるとき、予告の看板が立てられるからわかるのだ。

秋になり、緑が衰えるまで、おとなしく走るしかない。

あとがき

今朝、久しぶりに忍者を見た。

文字通り、全身黒づくめ。
フードをかぶって、黒いゴーグルまでつけていた。
サングラスというよりはゴーグルだった。

きゃしゃなので、女子なのだろう。

フードは、やけに、とんがっていた。
ポリウレタンの板でも入ってるみたいな、とんがり方だった。

何にしろ、そのかっこうで、夜、走らないでほしい。

自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)数年目。
クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
クルマを処分したので街乗りが増えそう。
ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
「やまめ乗り」修業中。