ライフスタイル系:モバイルボヘミアンにはなれそうもない

招かれざる客

三連休の初日、午前中は寝てよう、と思ってたけれど、招かれざる客が来ることになってしまった。
そういえば、世間はお盆なのだった。

親戚もたいがい高齢化が進んで、孫の世代もばらばらになって、親戚づきあいも最小限になってきてるけど、招かれざる客は、盆暮れの挨拶や冠婚葬祭などには熱心なのだった。

大急ぎで、掃除をして、見られたくないものを別室に移動して、応対は父親に「おまかせ」して、緊急避難した。

とりあえずスマホ

いつも持ち歩くものは100均のA5メッシュ袋にまとめている。
あとはスマホだけ。
両方ともリュックに放り込んで、とりあえず家を出た。

近所の神社のベンチで一息。

さて、二時間ばかり、どうやって時間をつぶそう。
まあ、スマホさえあれば、ブログを書いたり、検索したり、マンガを読んだり、いくらでもすることはある。
便利になったもんだ。

再読モバイルボヘミアン

ちょうど、「モバイルボヘミアン」を再読したばかりだった。

iPhoneを武器に、好きなことを仕事にして、旅をしながら働く。
こんなアグレッシブな人生は、自分には無理だし、向いていないと思うけど、身軽なライフスタイルには憧れる。

かなりスケールダウンしてるけど、急に家を出ることになっても、それほど支障を来さず、いつも通りに過ごせるのは、スマホのおかげだ。
テクノロジーのおかげで、デジタル音痴の自分でさえも、いくらかモバイルになってきている。

ボヘミアンの忘れ物

そんなことを考えながら、スマホを手にしたとたん、とんでもない忘れ物に気づいた。
WiMAXモバイルルーターを忘れてきたのだ。
がーん。(゚◇゚)

格安SIMも入ってるけど、つかった分だけプランなので、特にデータは使わないようにしてるのだ。

よく見たらバッテリーも心もとない。
午前中は寝てるつもりだったので、充電も後回しにしてた。
いきなり外出することになったら、真っ先に充電すべきだった。
一時間くらいは時間あったし。

それにしても、モバイルのレベルが低すぎる。
ボヘミアンどころじゃないなあ。

図書館へ移動

家から5分なのが、ありがたい。
スマホ中心の生活になるまでは、しょっちゅう行ってた。

珍しくテーブルにつく。
本の借り出しはしても、図書館で勉強したり読書したりして過ごすことはなかった。
家のベッドで寝ころんでいるのが一番。
つくづくインドアだ。

Wi-Fiのない図書館

この図書館は残念ながらWi-Fiは使えない。
職場のある街の図書館は使えるんだけど。

ブログはエディタで書いてるので、通信オフでも使える。
サファリも、検索結果をやたらと開くクセがあって、何だか50ページぐらい開いていた。
バッテリーの無駄遣いだが、すでに開いてるページは読めるわけだ。
そこそこ時間がつぶせそうで、ホッとする。

間が持たなくなったら、Wi-Fiが使えるコンビニかスーパーへ移動しよう。

眠れる図書館

けっきょくのところ、久しぶりの図書館で熟睡してしまって、あっという間に時間は過ぎたのだった。

それにしても、あれほど本好きだったのに、本棚をながめて暇つぶしなんて思いもしなかった。
変われば変わるものだ。

帰宅してシャワーを浴びて缶ビール。
WiMAXにも無事、接続。

移動距離、1㎞にも満たない、へなちょこモバイルボヘミアンだった。

ライフスタイル系:

ストレスフリーな毎日を過ごしたい!
興味のあるキーワードは、セミリタイヤ、移住、モバイルボヘミアン、オフグリッド、ソーラー発電、AI家事、隠居系、隠者などなど。