自転車通勤編:ヘルメットとハゲ ②

蒸れてばかりの人生

学生時代はオートバイに乗っていた。
北海道・東北を一周したり、高速道路クルージングをしたり、ジムカーナをしたり、限定解除したりと結構、熱中してた。

そういえば、中高生の頃は剣道をやってた。

なんだか、髪の毛に悪いことばかりやってたんだなあ。

オートバイとハゲ

オートバイに乗ってた頃、年配ライダーのサークルと交流する機会があった。
みんな、いいオートバイに乗ってた。
若僧よりは、いい給料だったんだろう。

しかし、彼らがヘルメットを脱いだら、みんながみんな、頭頂部がフランシスコ・ザビエルのようにハゲていたのだ。
宣教師かパードレか。
「オレたちも、ああなんのかな」と、仲間内で、ささやきあった。

今ならわかる。
オートバイ用のフルフェイスのヘルメットは、通気性ゼロ。
ハゲて当たり前だ。

ヘッドギア、どうする?

蒸れとハゲとヘルメットについて再認識した。
さて、どうするか?

思いついたのは、ヘッドギアだった。
以前に書いたけど、「にっぽん縦断 こころ旅」で、俳優・火野正平さんが使っていたやつだ。 これなら、普通のヘルメットよりは、かなり通気性はよさそうだ。

しかしーー。
どうも、オウム真理教を連想してしまう。
自転車ショップでも見かけたけれど、買わずにおいてしまった。

次に検索したのは、ラグビーのヘルメットだった。

しかし、これは、頭頂部を布でかぶせるタイプだった。
ヘルメットよりはマシかもしれないけれど、結局は蒸れてしまうだろう。

ボクサーのヘッドギアはどうだろう。
これは、頭頂部があいている。
これなら……。

けれども、目立ちすぎるようだ。
さすがにこれをかぶって往来を走る勇気はなかった。

番外編として、自転車エアバッグ。 たぶん、自分だと、誤作動させて、大恥かきそう。

世界中で話題になった「自転車用エアバッグ」が日本でも発売されたぞ! - NAVER まとめ
UPDATE 2015.04.02ここ数年、世界中で話題になっていた自転車用エアバッグ。見た目のスタイリッシュさと、発想の斬新さが大きな反響を呼んだこの商品がついに日本でも発売されることになりました。...

どうしたもんか……。

自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)数年目。
クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
クルマを処分したので街乗りが増えそう。
ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
「やまめ乗り」修業中。