自転車通勤編:ヘルメットとハゲ ①

脳内多重人格会議の開催

現在、ジテツウ時に、ヘルメットをかぶっていない。

はっきり言って怖い。

車道でコケたら死ぬよね。
いや、どのみち、ヘルメットかぶってても死ぬときゃ死ぬでしょ。
そんなこと言ったら、そもそも、自転車乗らない方がいいんじゃ?
自転車やめたら、いったい何の楽しみが?
ウォーキングでもすれば。
いやいや、もはや、自転車や自転車通勤はアイデンティティと言ってもいいくらいでしょ。
死んだら、アイデンティティもへったくれもないだろう。

どうどう巡りだ。

床屋のアドバイス

薄毛が気になるお年頃になって、そろそろヤバいなあ、と思っていたところ、行きつけの床屋にはっきりと指摘されてしまった。
それで、覚悟を決めて、正面から向き合うことにしたわけである。

アドバイスされたことはーー。

・髪の毛が脂でベタベタしてる。
シャンプーを変えた方がいい。
→おすすめのものに変えた。
商売? と思わないでもなかったけれど、使ってみると、確かにベタベタしなくなった。

・洗髪したら、必ずドライヤーで乾かせ。
自然乾燥はNGだ。
ハゲには蒸れるのが一番良くない。
温風で乾かした後、最後に冷風でしめるとよい。
→実行している。
確かに、効果はあるようだ。
ちゃんと乾かしてふさふさしてると見映えもいいし。

・自転車のヘルメットは良くない。
→詳細は下記の通り。

あんなに穴だらけでもダメですか?

自転のヘルメットは穴ボコだらけなんで、大丈夫だと思い込んでいた。
それでも、蒸れてしまうようだ。

検索してみたら、オートバイのヘルメットと比べればマシだけど、けっきょく、自転車のヘルメット内は、30℃近くまで温度が上がってしまうらしい。
風通し良さそうに見えるんだけど。
人間自体、運動して発熱してるしね。

良く考えたら、髪の毛が薄くなってきたんじゃないかと、気になり始めたのは、自転車にハマり始めた頃と一致するのだった。

平日の自転車通勤に加えて、休日のロングライド、あげくの果てにブルベまでやっていた。
もちろん、ヘルメット着用だ。
たまにロードバイク乗りで、ヘルメットしてないやつを見ると、いい加減なやつだなあ、と思ったりしてた。

思えば、ここ数年、一生懸命、頭頂部を蒸らしていたわけだ。
が〜ん。

続く……。

自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)数年目。
クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
クルマを処分したので街乗りが増えそう。
ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
「やまめ乗り」修業中。