限界ハウス、ダメ家事男子。:虫歯になってしまった

歯の定期検診へ

虫歯ができた、と言われてしまった。
ショックだ……。

最近、歯磨きをサボっていたからなあ。

行きつけの歯医者は

親子二代で世話になってる。
新しいものを取り入れるのに熱心で、1年に一度は、何かしら新しい機械が導入されている。

今回は、いつの間にか、小さなレントゲン室ができてた。
撮ったレントゲン写真は壁に貼られたでかいモニターに映されて、虫歯の黒くなってる部分がいやでもわかる。
このモニターも新製品だ。
レントゲン写真もパソコンで管理だ。
歯医者も、ずいぶんデジタル化したものだ。

座るイスも、恐らく人間工学的にデザインされたものだろう。
妙なヘコみ方をしていて、最初は身体が上手くおさまらなくて苦労した。

虫歯の話をされた後は

よく磨けてない部分と、その部分の磨き方を指導された。

この頃は、歯と歯ぐきの境目を磨くのが流行りらしい。
今まで自分は上の方を磨いてたようだ。
虫歯には、なるべくして、なってしまったか。

歯間ブラシは、つい、つまようじのように、歯と歯の間にはさまったものをとるのに使いがちだけど、ブラシなんだから、歯をこすらないとダメ、と 言う話は目からウロコだった。

歯石も、ごりごりやられた。
何度やってもなれないものだ。

歯医者に一時間もいると、ぐったりと消耗してしまう。

次回の予約をして、この日は終わった。

電動歯ブラシの出番⁈

それにしても、なんとかせねば。
とにかく、晩メシを食べた後の歯磨きを、ちゃんとやらねば。
晩メシ食った後に寝落ちしてしまうのも、なんとかしなきゃ。

それと、今回のことをきっかけに、電動歯ブラシの導入について、そろそろ考えた方がいいのかもしれない。
最近の電動歯ブラシは、何やら音波を出して、汚れがずいぶん落ちるらしい。

あと、ジェットウオッシャーというのもあるそうで、水流で、歯ブラシが届かないところの汚れも落ちるんだとか。

食べる楽しみがなくなってしまったら、ただでさえ色あせた人生が、ますますさびていきそう。

とりあえず、今月、もう一度、歯医者だ。

限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。