自転車通勤編:30℃超の中を走るハメに

休日、クルマ代わりに自転車を使う編

隣街に用事ができて自転車で。

片道約15㎞。

自転車通勤と同じ距離だ。

だいたい一時間。

 

チャリカジ

黒の長そでアンダーウェアにカジュアルな半そでサイクルジャージ。

パッドなしの黒レーサーパンツ(ロング)にグレーの半パン。

着替え用の黒長そでアンダーウェアと身体をふくタオルを持参した。

 

荷物はいつものでかリュック。

ザ・ノース・フェースだ。

自転車通勤の時はクルマにはねられて以来、でかリュックは黄色にしてるんだけど、今日は黒のを背負って。

f:id:rakuda95:20170715173432j:image

 

自転車専用バイパス

いつものように、川沿いサイクリングロードをバイパス代わりに使用。

ただ、川土手から降りてからは、県道とは名ばかりの狭い道路で、フラストレーションはたまる一方だった。

なんとか到着して、地下駐輪場へ。

最近はあちこちに立派な駐輪場ができて助かる。

ここは最初の二時間は無料なのもありがたい。

けっこう広いのに冷房まで効いていた。

 

トイレに寄って、タオルを濡らし、身体をふく。

アンダーウェアだけ着替えた。

 

用事の間の待ち時間に、Google Mapsで走りやすそうな帰り道を調べておいた。

往路よりはまだマシか。

自転車通勤編:自転車バイパスを走ろう! - 最初からこうすれば良かった……。

 

一番暑い時間帯

川土手へ出たときは真っ昼間。

涼しさのかけらもなかった。

 もともと、用事をサクッと済ませて、11時には帰ろう、暑くなる前に引き上げよう、と思っていたのだが、予想より長引いてしまった。

 

気温は30℃を超えてそうだ。

ロンクライドすることが多くなってからは、30℃超えるような日は走らないようにしてたので、こんな真夏な感じは久しぶりだ。

まだ、ロードバイクを乗り始めてから2〜3年くらいまでだったろうか。

 

何というか、お湯の中を走ってる、この感じ。

時々、ひんやりした空気の流れに触れたりする。

空気にも、海の暖流など寒流みたいなのがあるんだなあ、などと思ったり。

 

 実際、川沿いサイクリングロードには、ロードバイク乗りは、ほとんどいない。

たまに見る派手なウェアはトライアスリートのようだ。

ちょっと気の利いたロード乗りなら、朝早くスタートして、4〜5時間で100㎞ばかり走って、シャワーを浴びて、昼メシを食べながらビール飲んで、昼寝でもしてる頃。

時々、上半身真っ裸で走ってるランナーとすれ違いながら、黙々と走った。

 

今さらながら、30℃超の時は、自転車に乗らない方がいいことを再認識したのだった。

 

自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)7年目。 クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。 クルマを処分したので街乗りが増えそう。 ブルベ参戦経験有り(SR取得)。 「やまめ乗り」修業中。