限界ハウス、ダメ家事男子。:正しい歯みがきができないでいる

最近、歯みがきで困っている。

酒を飲みながら晩飯を食べた後、いつの間にか寝てしまうのだ。

歯みがきをせずに寝てしまうと、翌日の朝、口の中が気持ち悪い。

また、できなかった、なんでこんな基本的なことができないんだろう、と朝っぱらから落ちこむ。

歯周病も気になるし、口臭も気になる。

なんとかならないもんだろうか?

 

歯みがきの新常識

ところで、歯みがきについて、かなり常識が変わってきてるようだ。

例えばーー。

 

・食後30分以内にすぐ磨かないほうがいい。

細かいことはわからないけど、すぐに磨くとすり減るそうな。

でも、だからと言って、そのまま磨かずに寝てしまうよりも、すぐに磨いたほうがマシなような気もする……。

 

・1日3回磨くよりは、1日1回でいいからていねいに磨く。

歯科衛生士からアドバイスされて気が楽になった。

24時間以内に1回磨けばいい、と思えば何とかなりそう。

ただ、最近は、これを理由に歯みがきを後回しにしてしまってるような気もする……。

 

・寝ている間、口の中に雑菌が発生する。

もし、磨くとしたらーー。

① 起床後

② 寝る前

がいいそうだ。

食後じゃなくなってるのには驚いた。

お年寄りなどで、起きてから朝食前に磨く人がよくいて、無駄なことしてるなあ、と思っていたが、間違っていたのは、むしろ自分だったのだ。

 f:id:rakuda95:20170702110916j:image

自分の歯みがきも昔と違って変わってきている。

歯周病が気になるようになってからだ。

糸ようじは使うようになったし、歯間ブラシは太いのと細いのとで2種類も使っている。

歯ブラシは、あえて安物を使って、早目に取り替えるようにしている。

ブラシで汚れを落とすより、雑菌の方が気になる。

先の尖ったスウェーデン式歯ブラシも使う。

歯と歯肉の境目を磨くのだ。

年に2回は歯医者の定期検診を受けて、歯科衛生士からアドバイスをもらう。

こうして書いてると、我ながらよくやってるなぁ、と関心する。

いったい、いつからこんなことになったんだろう。

 

歯周病の時代

記憶の限りじゃ「歯周病」が世間に知られるようになってからだ。

 初めて耳にした時は「死臭病」と誤変換したものだった。

口臭がひどくなると言う意味では、あながち間違いでもないか。

歯科衛生士からは、このまま放ったらかしておくと、歯が根元から腐る、と脅かされた。

検査と称して、歯ぐきと歯の間に細い針を刺して、どれだけ針が深く潜るかで、歯周病の進行状況を調べたりもした。

1本の歯につき、前側の右・中央・左、後ろ側の右・中央・左と6箇所さすのだ。

全部の歯にこれをやる。

歯が40本として、240回刺す。

ガマンできないほどの痛みではないけれど、ちくちくちくちくちくちく……、何の拷問だ、と思ったものだ。

この検査は今でも続いている。

一生、やるんだろう。

歯にはつくづく苦労させられるーー。

 

あとがき

さすがに、仕事へ行く前は口臭も気になることだし歯みがきできてるけれど、問題は夜、寝る前だ。

せめて、うがいして、口内を消毒したいとは思ってるんだけど……。

 

限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール  

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。