限界ハウス、ダメ家事男子。:auショップでスマホ解約した時のこと

auショップヘ行ってきた

auショップヘ行ってスマホ解約の手続きをしてきた。

とりあえず無事に終わったけど、どんな感じだったか書いてみる。

事前に検索した時は、けっこう大変そうだったけど、そうでもなかったよ、な話。

参考になればーー。

 

ウェブでは解約できない

まず、手続き自体、ウェブ上ではできないらしい。

電話かショップヘ行かないとダメ、とのこと。

すんなりとは解約させてもらえないようだ。

電話はなかなかつながらなさそうだし、直接ショップヘ行くことにした。

 

事前調査で気が重く

行く前は気が重かった。

検索した限りでは、なぜ解約するのかしつこく聞かれたり、長々と引き止められたりするようだった。

解約者の中には、その場でサポートセンターに電話したツワモノもいた。

実際、対応はけっこうショップによってまちまちなようで、サポートセンターが一番話がわかるような印象だった。

自分もいざとなったらサポートセンターに電話することにして、短縮番号を記憶していった。

それにしても、単に更新月に解約するだけでも大変そうなのに、2年縛りの違約金がらみの話になったらどれほどもめることやら……。

 f:id:rakuda95:20170628055110j:image

閉店間際の疑心暗鬼

土日は混んでそうなので、平日の仕事帰りに寄った。

閉店間際の方が早く解放してくれそうだったし。

店内は予想通りすいていた。

発券機のパネルで「解約」を押す。

この時点で解約するってわかっちゃうんだな、と一抹の不安を覚える。

すいてる割には、けっこう待たされた。

解約だから後回しなのか? と疑心暗鬼に。

冷静に振り返ったら、せいぜい15分かそこらだった。

ようやく呼ばれてカウンターへ行くと、コワモテな姐さんが応対してくれる。

あまりに無愛想なので、もしかしたら解約専門の担当者なのか? と再び疑心暗鬼モードに。

 

精算金額だけは確認しよう

なぜ解約なのか、格安SIMはどこのにするのか聞かれたが、正直に答えたところ、特に追求されることはなかった。

よくわからない説明を聞き、タブレットに電子ペンでサインをする。

最後に精算金額をもう一度確認。

翌月に◯円引かれて、それとは別に、向こう4ヶ月に渡って◯円ずつ引かれるそう。

金額自体は(根拠のない、いいかげんな)予想より少なかった。

なぜ別々に引かれるのは、説明してくれたけど、ややこしくて理解できなかった。

 

MNP 予約番号も確認しとこう

それと、書類の束を渡されたけど、MNP予約番号がどこに書かれているかを聞いた。

格安SIMに乗り換える時、今までの電話番号をそのまま使うために必要なものだ。

素早く探し出して丸をつけてくれた。

書類は三つ折りにすると封筒に入れるのが大変なくらいの量。

自分だけで探すのは大変だった。

聞いてよかった。

 

面倒は避けて通ろう

思ったよりはスムーズだった。

しつこい引き止めはしない方針になったのか?

それとも単に更新月だったから簡単だったのか。

はたまた閉店間際だったからか?

それにしても、ぐったり……。

面倒なことが死ぬほど嫌いなダメ家事男子はこの程度でも消耗してしまうのだ。

なるべくこの手のものは避けて通りたいものだ。

ウェブ上から手続きできるようになることを望みたい。

 

あとがき

よくわからないポイント1,000円をどうするか聞かれて、面倒だからいいです、と答えたところ、なぜかカレーとビーフシチューのレトルトを持って来てくれた。

ここに穴を開ければ電子レンジでそのまま使えると説明までしてくれた。

コワモテの姐さんは親切な人だった……。

 

限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

 空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。テーマは衣食住・炊事・洗濯・掃除・健康・マネーなど。