最初からこうすれば良かった……。

「行列のできる法律相談」ではなく「しくじり先生 俺みたいになるな‼︎」なブログです。

限界ハウス、家事男子。:らくカジ&かるカジ 履き物編

長い間、クロックスをバカにしてたので、初めて履いた時には、あまりの履きやすさにびっくりしてしまった。

靴にありがちな締め付け感が全くないのだ。

足の指と指の間が広がる感じ。

五本指サンダルやスポーツサンダルよりも気持ち良い。

どうりで大勢の人間がはいてるわけだ。

 

 とは言ってもあの穴ぼこだらけのルックスはなあ、と思っていたら、空いてないタイプのもあるのだった。

 主に看護師や介護士の人など立ち仕事の人が履くようだ。

足の甲に薬品が落ちたりしたら大変だから穴が空いてないわけだ。

よく見ると横穴がいくつか空いてるけど目立たない。

 

ちなみに料理人用バージョンもあって、こちらは横の空気穴がない。

厨房は水を流すから濡れないように。

Amazonのレビューを見ると、ムレやすいと言う人と、そうでもないと言う人がいた。

自分は一応避けておいた。

 

また、甲の部分が合成の革タイプのもあって、こちらも買ってしまった。

より、サンダル臭さはぬけている。

ぱっと見、すぐにはわからないのでは。

 

クロックスがメインとなってから、履き物はほとんどメンテナンスフリーとなった。

気になれば水で洗えばいいだけだ。

 

よほどひどい雨でもなければ、靴下までビジョビジョになったりはしない。

汚れても、水洗いでおしまい。

 

冬でも、分厚い靴下を履いてクロックスだ。

よく考えたら、暖かい靴より暖かい靴下の方が、足にフィットしてる分ムダがなさそうだ。

今時の防寒用靴下は強力なので、サンダルでも寒さは感じない。

 

おかけでスニーカーの出番がすっかりなくなってしまった。

捨てるのももったいないので、まだあるけれど。

久しぶりに履いた時など妙に重く感じてしまう。

以前は、こんなに重いものを履いていたのか、と。

 UNIQLOのウルトラライトダウンを着た時に、重いコートが着られなくなったのと同じだ。

 

クールビズが定着して、ネクタイをしなくてよくなってから、ずいぶんと夏は楽になった。

(思えば、新社会人の頃は、ネクタイを締めただけで気持ち悪くなっていた)

ついでに足元もフリーにしてもらえると助かるんだけど、さすがにムリそうではある。

 

あとがき

以前は、「サンダルは素足」という思い込みがあった。

 サンダルに靴下なんて、「暑いんだか、寒いんだか、はっきりしろよ!」て感じだった。

一度やってみると、もう素足には戻れない。

汗がベタついたり、皮がむけたり、小石が痛かったりすることもない……。

 

限界ハウス、家事男子。プロフィール  

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を過ごすべく試行錯誤中。テーマは衣食住・炊事・洗濯・掃除・健康・マネーなど。