らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

ー何もしないためにやらなければいけないことと、がんばらないためのライフハックー

自転車通勤編:車道は危険がいっぱい!

今朝、自転車通勤の時、赤信号の交差点に向かって徐行しておりました。

割と幅広の道路です。

車道を走っていました。

すると、静かに大型トレーラーが並んできます。

 

偶然?

しかし、そのまま自分の自転車に合わせて並走し続けます。

交差点までが、やけに長く感じました。

 

ようやく交差点にたどり着いた途端に信号は青へ。

素早くスタートして歩道に逃げ込みます。

しばらくすると橋に差しかかって渋滞に。

さっきのトレーラーに並ばれる心配もなくなり、いつも通りのジテツウです。

 

う〜ん。

久しぶり、です。

 

数年前、ロードバイクに乗り始めた頃、結構、このようなことはありました。

もっとも、その時は、もっと露骨に幅寄せしてくるものでした。

今日みたいな「不気味並走」は初めてのパターンです。

新種?

 

自分も乗り始めの頃は、車道をふらふらと走っていて危なっかしかったんだと思います。

生活のためにトラックやトレーラーに乗ってる人からみたら、ウザかったんでしょう。

実際、経験が長くなってくると、幅寄せのような嫌がらせは無くなってきます。

こちらも道路の幅が狭い時は大人しく走ったり、歩道を走ったりするようになりました(歩行者がいない場合や歩道幅が広い場合)。

 

また、自転車は車道を走るもんだってのも、だんだん世間に知られてきました。

自転車に免疫のできたトラッカーが増えたんでしょう。

 

たまに田舎で車道を走っていると、とても大げさにセンターラインをかなりオーバーして追い抜いていくトラックがいます。

この辺は、あんまりロードバイクは走らないのかな? と思ったりします。

 

その一方で、対向車が来ていないにもかかわらず、絶対にセンターラインからハミ出ないように走るドライバーもいます。

だいたい女性の軽自動車です。

すれすれに追い抜いていく。

こちらも怖い。

 

車道では、自転車は弱者です。

はねられてから文句を言っても、もう、遅い。

周りに注意して、大人しく走るしかありません。

慌てず、パニクって、いきなり進路を変えないこと。

できるのは、それくらいです。

 

あとがき1

追い抜きが一番豪快だったのは北海道でした。

どの車も100%、反対車線を爆走してました。

前方がカーブの時なんかは、大丈夫かよ?  と思いましたが、不思議と事故にはなりませんでした。

地元の人は加減がわかっているんでしょうか?

 

あとがき2

今朝、橋を渡った時、川沿いのサイクリングロードに向かうライダーとすれ違いました。

これからロングライドのようですね。

今日まで三連休なのかも。

いいなあ!

「あ〜。仕事行きたくない」

月曜の朝は憂鬱ですね。

それでもジテツウ終了後には、そこそこ気分も持ち直して、「しゃあねえ、行くか」となるんですが……。

 

自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)7年目。  クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。  クルマを処分したので街乗りが増えそうです。  ブルベ参戦経験有り(SR取得)。  「やまめ乗り」修業中です。